2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「それ」は気にしなくても良いよね?

今年8歳にしてようやくアジリティー競技の1度にデビュー出来たフェイス。

IMG_9437_convert_20100804005103.jpg

思えば4年前のこの時2006・9月アジリティー競技会には想像も出来なかった事でした。

この頃は私の生活環境に大きな変化があり、フェイスにとってはアジリティーどころではない精神状態だったのですが、この時点ではそうした事に気づいていなかったのも事実でした。
この後約二年間アジリティーは中断していましたが、その間に札幌動物行動クリニックでアドバイスを受けた事で、フェイスの行動に大きく影響していた必要以上の過敏さを克服する事が出来つつあります。

元々不安を感じやすい器質を持っているフェイスは、周りで起きる事が一々気になってしまいます。
気になり出すとどうしても「確認したくて仕方ない」というのがフェイスの行動の特徴ですが、たとえ気になったとしても確認しに行かなくても大丈夫なんだと理解して、納得させなければなりませんでした。

普段の生活の中で受ける刺激に対してのフェイスの反応を、「気にしないでいられる」ようにするために、対象との距離をとる事や、気になり始める手前でフェイスを私の方に集中させておく事を続けました。
何よりも周りを気にして確認しに行く事よりも、私の方を向いてくれる事を選んで貰えるように状況に応じて「我慢」「平気だよ」「気にしない」などの言葉で伝えています。

        IMG_9470_convert_20100804005335.jpg
        上手く集中出来ている時はこんな感じなのですが・・・ 

GvgVjWDw.jpg
未だにこんな現象も無くなってはいませんね(泣) 

普通なら気にしないはずの事なので、この時の主な理由はやはり私がハンドリングを焦ったためで、フェイスにとっては私の指示が分かりづらくて、私に対しての集中が出来ていなかったのだと思います。 

アジリティーをしていると普通なら見過ごしてしまうような事にも気づく事が出来て、またそれが普段の生活で役立ったりもしていきます。
協力し合ってゴールを目指す中でいろんな場面があり、その一つ一つを乗り越えなければ達成できないからこそ、アジリティーは魅力的なのかも知れません。

              IMG_9476_convert_20100804011755.jpg


まだまだこれからもフェイスにとってつい気になってしまう事は起きると思いますが、その場面状況に応じて「気にしなくても良いんだ」と伝え続けようと思っています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/221-497d8b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。