2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッシング・シャンプー時の犬への配慮

フェイスと一緒にアジリティーチャレンジしているシェルティーの「レオ」君

IMG_2281.jpg

            IMG_2282.jpg

子犬の時から定期的に通ってしつけの基礎からのお付き合いですが、ほぼ一月に一度のシャンプー・トリミングもしています。

CA3D0257.jpg

最初からトリミングテーブルを使っているので、このテーブルを用意するとシャンプーかブラッシングをされるのは、分かっているようです。
シェルティーのオスらしくとても毛量が多くなった今は、シャンプー時間もそれなりにかかるので、我慢させる事もどうしても多くなってしまいます。
レオ君の場合はシャンプーやトリミングだけのお付き合いではなく、信頼関係がなければ出来ないアジリティーもしているので、毎回この場での出来事が後に影響しないように気をつけています。

         CA3D0260.jpg

トリミング・グルーミングの項目を書く度に書いているように思いますが、犬にとってこれらの事は人が思うほど快適な事ではないのです。

ブラッシングによって毛や皮膚にブラシが触れるという何でもなさそうな事でも、もしブラシが毛に引っ掛かかりそのまま引っ張ったりすると「痛い」体験となってしまいます。
シャンプーの時にお湯で体を濡らされる事も、体が濡れる事で体温が奪われるので本能的に「怖い」「危険」と感じたりします。
爪切りなどは特に犬にとって走るために最も重要な武器である足をつかまれ、しかも爪を切る瞬間に強い衝撃をかけてしまうので、これも当然「危険」な事と思われて仕方ない事なのです。

このように、犬からみてトリミングやグルーミングはとても苦手な事ばかりなのですが、だからといってさせない訳にはいかないので、お互いの妥協点をみつけてある程度我慢できるようにしなければなりません。
ここで大切なのは、犬が嫌がったとしても決して無理強いはしてはいけないという事です。
ブラシであればあまり嫌がらない場所から始めて、少しでも我慢出来れば褒めてご褒美におやつをあげるなど、まずは短い時間でも我慢出来ればその後で「必ず」良いことがあると実感させていく事です。

犬によって嬉しい事はそれぞれ違うので、例えば我が家のゴールデン・あんずは・・・

IMG_2332.jpg

もうすぐ13才になるお婆さんですが「抱っこ」すると甘えて喜んでくれます。

          IMG_2317.jpg

今年はあまりにも暑いので久しぶりに「ファーミネーター」というアンダーコートを抜く道具を使ってみました。
ちょっと緊張して道具を確認していますが・・・

                 IMG_2323.jpg

すぐにいつも通りに横になって寝てくれるので、じっくりアンダーコートを抜く事が出来ました。

IMG_2365.jpg

いつもよりちょっと時間がかかったので、疲れてしまったかな?
あんずの場合はブラッシングは早めにしておいて、シャンプーの日は洗って乾かせば終わりにするようにしていてます。
最近はさすがに筋肉が落ちてきたので、数日に分散してあげて負担が少なくなるように工夫します。

さて、ブラッシングもシャンプー・トリミングもその日に一気にしているまだ若者のレオ君。

IMG_2299.jpg

       IMG_2294.jpg

シャンプーした日の直後のアジリティー練習の日にも、迎えに行くと元気に出てきてくれました♪
遊びもいつも通りに激しく!
そして・・・・・
         
           IMG_2311.jpg

さすがに暑さであっという間にダウンでした。

犬の健康維持のためにも欠かせないブラッシングやシャンプーなどのグルーミング、カットなどのトリミングですが、いつも犬の気持ちに充分に配慮してあげる事が大切です。
そうでなければ気づかないうちに犬に負担をかけ、取り返しのつかないトラウマとなってしまう事もありうるからです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/214-49106deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。