2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自戒・・・2010・第1回WISE DOG アジリティー練習会

5月8日は、「2010年度 第1回WISE DOG アジリティー練習会」でした。
当日の朝は曇り空でしたが、競技が始まって間もなく雨が降り、寒さの中での練習会になりました。

CA3D0036_20100509184922.jpg
今回はフェイスとシェルティーの「レオ」君の二匹で参加です。
開催者が用意してくれていたテント内に、犬舎を置かせて貰って待機させる事が出来てとても助かりました。
そしてテントの中で隣り合わせた方達と楽しくお喋りする事も出来、図々しく私の持っていったデジカメで写真撮影までお願いしてしまいました。

まずはレオ君とのビギナー1「ミディアム」のクラス。
IMG_1540.jpg

      IMG_1541.jpg

             IMG_1542.jpg

レオ君は今年初めての競技会参加でしたが、まずまずの出来でした。

そして、フェイスも同じビギナー1の「ラージ」クラス
IMG_1550.jpg
競技会に限らずアジリティーの時の写真はなかなか残せないので、写真撮影をして下さった方達に、とても感謝しています。

このクラスの時はまだ雨は降ってませんでしたが、この後間もなく雨降りとなってしまいました。
その雨が降って寒い中、昨年中「のんびりアジ」と言ってアジリティーの練習に通っていた、ケアンテリアの「らんぷ」ちゃんとよぉこさんが見学に来て下さり、よぉこさんの立派なカメラで撮影して貰えました。

フェイスとのジャンピング1「ラージ」クラス
IMGP7198_convert_20100509174736.jpg

     IMGP7203_convert_20100509174918.jpg

          IMGP7206_convert_20100509175046.jpg

              IMGP7208_convert_20100509175210.jpg

数年前に一度だけジャンピングクラスに出した事があったものの、その時は半分も走れずに失格になっていました。
その時以来のこのクラス、私にとってかなり難しい印象のコースだった上に、フェイスの「何かに気を取られて」コースを大幅に外れてしまうミスも出て、完全に動揺してしまった私がコースを見失って迷子状態になったりと、本当に散々なミスをしてしまったために標準タイムを12.80もオーバーしていましたが、拒絶1で完走させる事が出来ました。

よぉこさんの他にも雨の中来ていただいたミニチュアシュナウザーの「ふゆ」ちゃんの家族の方も見て下さっていた中で、ゴールまで走れて本当に良かったとホッとしました。
このクラスの後はしばらく出番が無いので、寒い中待っていただくのは気の毒な見学の方達が帰られるのを見送ってから、犬たちと一緒に車に戻って次の出場までは休憩。
レオ君も久しぶりの競技会で疲れていたのか、車の中で眠っていました。

そして後半の競技でレオ君とビギナー2「ミディアム」に出場。
このコースでたぶん一箇所しかなさそうだったミスを誘う場所で、レオ君は思ったとおり大好きな「トンネル」に飛び込んでしまい、失格となりました。
この練習会では希望者はもう一度挑戦出来るので、レオ君リトライしましたがまたもトンネルの直前まで!私の「違う」の叫び声で、どうにか踏みとどまってくれて拒絶1で完走出来ました。

この日の一番の収穫はレオ君のアジリティーに対してのやる気が、確認出来た事かも知れません。
それ程レオ君は意欲的に走り、楽しんでくれていました。
このレオ君の素直な気持ちを次に繋げて行きたいと思います。


タイトルに付けた「自戒・・・」はフェイスと出たアジリティー1「ラージ」です。
後半になってからも雨は降り続き滑りやすくなっていたためか、フェイスは「ドッグウォーク」を躊躇し「Aフレーム」から滑り落ちてしまいました。
その時点ですでにフェイスはやる気を無くしていたのだと思います。
でも私はジャンピング1で完走出来たために、つい欲が出てしまってフェイスもリトライさせました。

IMGP7183_convert_20100509181353.jpg
この写真はアジリティー1の時のではなく、ジャンピングの時に撮って貰っていたものですが、今回はコースの間近にテントが張られていました。

リトライのスタート地点に着いた時のフェイスは、テントが気になってしまい、スタート出来そうもない様子でした。
そのフェイスの気持ちを汲み取る事が出来なかった私は、フェイスに向かって「違う」という言葉を繰り返しました。
テントを気にしている事に対して「それを気にする事は無い」と伝えるつもりでしたが、口調もついつい強くなっていましたし、なんとかスタートさせようとかなり必死になっていたはずです。

フェイスも一度はこちらを向いてくれてスタートは出来ましたが、またも「ドッグウオーク」を昇る手前で躊躇し、やり直してドッグウオークはどうにか出来ましたが直後のハードルを飛んだ後で、気になっていたテントに突進して行ってしまいました。
もちろんコースアウトで失格です。

この失敗は全て私がフェイスの気持ちを考えなかったために起きてしまったと思います。
すでにアジリティーへの意欲を無くしていたフェイスを無理やりスタートさせようとして、強い口調でさらに緊張を強めさせてしまったのだと思うのです。
一番良い選択は、スタート地点でのフェイスの態度を見た時に、コースを走るのを諦める事だったと今は思っています。
アジリティーなどの競技で良い成績を出したいと思うのは人間の欲です。
犬にとっては人と一緒に楽しむ事が出来ないなら、どんな競技にも魅力は無いのだと思います。
無理強いしたり、強すぎるストレスをかけてしまわないように、今後はもっと気をつけられるようにしたいです。

練習会の出場クラスの最後での大失敗。
悔いが残りましたが、今回の事もまた一つの教訓として次の「2010年JKC北海道ブロックアジリティー競技会」(5月22日・恵庭市桜町多目的広場)に向けて練習して行こうと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/198-7d10f95b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。