2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎練習のための安心出来る環境

チワワさん達のいつもの練習場所はインディアンボーイズケネルさんの多目的ルーム。

IMG_1455.jpg
貸切のスペースなので安全で気が散るような刺激も無く、安心して基本の練習が出来ます。

IMG_1443.jpg

            思いっきりふざけて遊んだり・・・
            IMG_1437.jpg
みんなを一斉に呼び込んで集中させてみたり・・・

何も気にしなくて良い環境なので、チワワさん達のペースで教える事が出来ます。
服従やリーダーシップは必要が無く、何かを一緒にする事の楽しさと、一緒に居る事の安心感をまずは作っていきます。
邪魔が入らない環境では、思いっきり楽しませる事も出来るし、不必要な緊張を感じさせる事も無いので、少しずつ難しい事や苦手な事の練習も可能になります。

IMG_1420.jpg
末っ子パピ君の苦手はドアの開け閉め・・・
ドアが開くと外がとても気になってしまい、なかなか待っている事ができません。
「気になって確認したくなる」という感じなので、もちろん出て行こうとする事を叱っても逆効果になります。

         IMG_1419.jpg
無理強いして「待て」と命令するのではなく、ドアが開いていても気にしなくて大丈夫になるように、おやつを使って認識させます。

                 IMG_1423_20100507233800.jpg
ドアが開いていても落ち着いていられるのを確認してから、私がドア外に出て戻るまで待って貰います。
他の三匹達と一緒に落ち着いて待てるようになるまで、繰り返し練習を積んで覚えて貰っています。


基本の練習のために何故良い環境が必要かと言うと・・・
新しい事や難しい事を教えるためには、犬を集中させなければなりませんが、気になる音が聞こえたり、いつどこから人や犬や自転車のような気になる刺激が起きるか分からない場所では、とても犬を落ち着かせて集中させる事は出来ないからです。
ただでさえ緊張感を持ってしまうような事を、わざわざ邪魔が入って失敗しかねない場所で教える事はなくて、充分に出来るようになったり、楽しめるようになるまでは、良い環境を与える配慮も必要です。

IMG_1445.jpg
基本的な事「お座り」「待て」「おいで」・・・といった事をいつでも楽しそうに喜んで出来るようになるまでは、家の中やお庭などでしっかり覚えさせてから、徐々に刺激のある場所でも出来るようにしてあげれば、失敗も少なく確実に出来るようになるはずです。

教える人が命令口調になったり、大きな声を出したりするのではなく、「お座りが出来て偉いね」といった気持ちで教えてあげる方が犬に余計なストレスをかけずに、人と一緒に何かをする事をずっと楽しめるようになるはずです。
一緒に居る事が楽しく、安心だと思って貰えてから少しずつ刺激を増やしてみましょう。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/197-fd8a43bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。