2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈させていませんか?

3月28日はブログでお知らせしていた遺伝病の講演会があり、参加して勉強してきました。
「遺伝病」という言葉のニュアンスから考えていた事との違いや、そうした病気を研究している方の努力やご苦労など、考えさせられる事も沢山有りました。
改めて「知らないでは済まされない」という事を再認識してきました。
こうした勉強の機会を与えて下さったグレ母さんに感謝しています。貴重な機会を作って頂き、ありがとうございました。

本当はこの時に考えさせられた内容についてをまとめてみたいと思ったのですが、まだ自分の中で考えをまとめられるまでにはなっていないので、今回は全く違った内容です。

CA3D0430.jpg

フェイスの鼻のアップ・・・
何をふざけているかと言われそうですが、このスタイルはフェイスからの無言の抗議なんです。
「早く散歩に行こうよ!!!」という訴えのポーズ。
どういう態度をとるのが、私に対して有効なのかをフェイスなりにしっかり研究した結果たどり着いたようです。

          CA3D0415.jpg
こんな表情も人の心には訴えてくるものがありますよね?
フェイスはこうした時は本当に巧みに表情を駆使してきます。決して実力行使をしないのも、子犬の時からの経験で身に付けてきたものです。

犬はこんな風にいろんな手段で人とのコミュニケーションをとろうとしています。
でも人の側はたとえ自分の家に居る時でも、犬と一緒に何かをする以外に沢山の用事があったり、自分なりにくつろぐ時間も必要だったりするので、こうした控えめな訴えを見逃してしまったりしがちではないでしょうか?

その結果として起きてしまうのが「問題行動」だったりします。
犬は自分からのお行儀の良い訴えが無視されるので、もっと強く人に対して訴えられる方法を見つけなければならなくなり、結果として「人に対しての甘噛み・飛びつき」「大事な物をくわえて持っていく」「家具などをかじる」といった実力行使に至ってしまう事もあるのです。
ただしこれらの「困った行動」も最初から人の気を引く行動としてするのではなく、たまたまそうした行動をした時に犬にとって「何か良い事」が起きたので、有効な手段として覚えてしまうだけなのです。

すでにこうした「困った行動」を覚えてしまった場合に、この行動を単純に叱っただけでは根本的な解決にはなりません。
困った行動を止めさせる事も必要ですが、それをしなかった時にはやはり正当な報酬として、犬にとっても「何か良い事」を与える必要があります。

CA3D0500.jpg
この写真のマシュ君は、私が「わざと」用事をしている間の姿です。(練習としてしているところです)
人が何かの用事をしている間は、「待っている」事をすでに覚えているので、「待て」というコマンド(命令)を言う必要は無いのですが、この表情はそろそろ終わるかな?まだ自分を構ってはくれないかな?といった期待に満ちています。
ちゃんと我慢してお行儀良くしていれば、その後で必ず自分を見てくれて、何か楽しいことをしてくれるという期待が持てていれば、犬は本当に辛抱強く待つ事が出来ます。

             CA3D0507.jpg
そういった基本的な事が分かってさえいれば、こうしたカフェのような違った環境でも、同じようにしている事も出来るようになります。
どんな場所でも変わらずにお行儀良くして欲しいと思うなら、まずは基本的な事を犬にだけ守らせるのではなく、人の側も犬への義務を守らなければなりません。

                  CA3D0505.jpg
自宅では人にとってはいろんな楽しみがあり(テレビやゲーム、パソコン等など・・・)カフェであれば、お友達とのお喋りやお料理を楽しむ等など、うっかり犬の事を忘れてしまう場面はとても多いと思います。

そんな時に、こんな表情の愛犬が側でじっと自分の順番を待っているという事に気付いてあげて、ちょっとの時間でも一緒に何かをしてあげるという事をぜひ思い出して下さい。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/184-9c08e23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。