2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物行動学授業のお手伝い

今年も「北海道愛犬美容学園」での動物行動学の授業のお手伝いがありました。(以前の記事はこちら2008.2.29愛犬美容学園)
            IMG_0672.jpg

札幌動物行動クリニックの「小田先生」が「動物の学習原理」というテーマを、動物看護の勉強をしている生徒さん達に教えるこの授業に参加するのも今年で三年目になります。

「動物の学習原理」とは動物が行動パターンを身に付けていくメカニズムの事を言います。
この「学習原理」を学ぶ事は犬に「しつけ」や「訓練」をしていく上でとても大切な事だと思います。

今年の授業ではフェイスがしてしまう「問題行動」をどうやって治していくと良いか?というテーマになりました。

フェイスお得意の「問題行動」のご披露・・・
          IMG_0654.jpg
好きな人や手に物を持っている人に対して「飛びつかずには居られない!」行動でした。
わざと「ロングリード」を付けて自由にさせていたので、思ったとおりの行動をとってくれます。

生徒さん達には事前にフェイスの模範的な訓練の様子も見ておいて貰い、「待て」や飼い主と歩調を合わせて歩くなどの事がすでに出来るのも知っていて貰ってから、生徒さん達にこの困った犬を「どうやって治すか?」を考えて貰おうという授業になりました。

問題の提案が終わると生徒さん達の活発な議論中はただ傍観するのみ・・・
IMG_0666.jpg

           IMG_0656.jpg
退屈してすっかり甘ったれておやつを食べている「問題犬」
           IMG_0659.jpg
転がすとおやつが出てくるオモチャに夢中のファジー。

IMG_0664.jpg
それぞれのグループに分かれて議論した「治し方」の提案を小田先生が黒板に書いています。
さすがにこの一年間小田先生の行動学の授業を受けてきた生徒さん達、良い意見がどんどん出てきました!

どの意見も犬に対して「どうやって正しい行動を学ばせるか」という考え方に立っていて、悪い場面で「直接的な罰を使う」という意見はありませんでした、素晴らしいです!!!
それぞれの意見を実際にフェイスにやらせて確かめよう、という事でようやく出番です。
          IMG_0652.jpg
そうした意見の中の一つに「待て」が出来るフェイスに人と会った時にまず「待て」をさせて飛びつかずに人とすれ違う事が出来たらおやつをあげるなど、誉めるようにする。というものもありました。
これは実際に散歩中にフェイスにさせている事で、私もこの方法がフェイスには一番良いと思っています。

小田先生はそれぞれの意見に対してその良い点、注意すべき点、また犬によってそれぞれ合うか合わないか、という個体差についても説明していました。
そして何よりも直接的な「罰を考える」のではなく、犬が良い行動を学ぶのにどうしたら良いか、という「良い行動」を学ばせる方法を考えた事をとても評価していました。

そしてその後でどうしても「罰を使う」としたらどんな罰があるのか、またその道具についての説明も続けました。
IMG_0675.jpg
いくつかの「罰」の一つとしてとりあげられた「チェーンカラー」です。
フェイスに実際にチェーンカラーを付けて、実演もしました。
「罰」について実際に見て貰う事も大切な事だと思いました。

こちらは「罰」ではなく、「教える」ための道具として使う「ハルティー」です。
         IMG_0678.jpg
チェーンカラーに比べるとあまり見慣れないタイプの道具ですが、チェーンカラーのように犬に「苦痛」を与えない道具であり、正しい使い方が出来れば犬にとっては「優しい道具」です。
道具については犬によって合う合わないもあります。また、どんな道具であってもそれは教える時の補助に過ぎず、正しい学習をさせる努力は絶対に必要です。

今年の授業は生徒さん達がグループごとに考え、意見をまとめて貰うという事でとても活気のあるものになり、お手伝いしていても本当に興味深く、楽しめました。
IMG_0685.jpg
無事に授業も終了~生徒のみなさん、小田先生、お疲れ様でした。

           IMG_0684.jpg
今回も出番の少なかったファジー・・・でもそれなりに楽しんでいたようです。お尻で失礼!
今回もデジカメ写真の撮影や、道具の運搬など、愛犬美容学園の先生はじめ生徒さん達にもとてもお世話になりました、いつもありがとうございます

☆遺伝病講演会のお知らせはこちら「GRACIOUS GARDEN」


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

動物行動学、興味ある講習ですね。
私も、ウオッカのトレーニングについて、自分がまだまだちゃんとウオッカを制御していなかったことに気づかされ、また、ウオッカの行動を読み取ることができていませんでした。また、罰なのですが、動物をしつける上で必要と思いますが、やり方が間違えると意味が無いことと思います。
今は、いろんな方のブログを拝見しつつ参考にしております。

ウオッカのパパさん、こんばんは。
人にとって困る事を犬がするからと言って、犬を罰するというのは、
人にとって当然のようですが、犬から見るとどうでしょうか?

困る事をしてしまう原因を考えたうえで、その困った行動をどうしたら犬がしなくて済むのか?
犬に分かりやすく教えてあげる事がまず必要だと思います。
罰を使う事は、実はとても難しいですし、罰を与えた人と犬との関係が悪くなる危険もあるのです。

しつけというのが正しい行動を学ばせる事と考えるなら、罰が必要だとは思えません。
犬との正しい信頼関係を築く上でも、罰を使う以外の方法をまずは考えたいですね。

中野先生、授業お疲れ様でした。もうちょっとファジーさんの出番を作った方がよかったですかね(笑)。

次回もまたよろしくお願いいたします。

僕がだれかわかりますか(笑)?

C3POさん、コメントありがとうございます。
はい、これで分からなかったらちょっとボケが疑われそうですね。

ファジー君は出番というより、写真があまりなかったので、いつもブログでの登場機会が少ないんです。
写真の撮りづらい犬なんでしょうか?
いつもフェイスほど写真残ってないんですよ。

ではまた次回を楽しみにしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/174-13cefe1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。