2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたドッグ・カフェ

チワワのマシュ君とインディアンボーイズさんのカフェへ
CA3D0060_20091215233622.jpg

この日の席はお店の入り口ドアの真横です。
この壁でドア自体は見えないので、この位置に居るとドアの開け閉めの音だけが聞こえます。
ドア音や、入って来た人と出迎えのスタッフの会話、一緒に訪れたワンちゃんの声や足音など、マシュ君にとっては「興奮に繋がる刺激」がとても多い場所です。

ただし、この位置に窓が有ってCA3D0059.jpg
ドアに向かって来る人の姿は良く見えます。

それで、人影が見えてドアが開く前のタイミングで、マシュ君に声をかけます。
CA3D0063.jpg

「お座り」か「伏せ」をしてもらってCA3D0057.jpg

CA3D0055_20091215233519.jpg事前におやつは用意しておいて
刺激に対して「気にしないで居られる」事を「偉いね」と誉めておやつをあげます。
繰り返し経験させ、「気にしなくても大丈夫」だと思えるように刺激に慣らすのですが・・・

我慢出来そうも無い時は・・・CA3D0070_20091215233807.jpg
マシュ君の場合は肩のあたりを手で軽く抑えて「落ち着いて」「静かにね」などと伝えます。

たとえ吠えてしまっても決して叱ったり、強く命令したりはせずに、それ以上の興奮にならないような対処だけをして、落ち着くように仕向けます。

マシュ君が吠えるのは、この場所に対しての意識が強く、その状況が変化する兆しとしてドア音や会話、足音を捉えているからだと私は思っています。
そのため、それらの刺激が起きても「マシュ君には何も影響が無い」と理解して貰うように教えています。

自分の周りの状況の変化を敏感に感じる犬達は、それらの刺激に対して吠える事が多いようです。
例えば、「家のチャイムに吠える」「来客に吠える」「電話に吠える」「室外からの音に吠える」など・・・
吠えて欲しくないと思うと、どうしても吠えた犬を叱る事になってしまいがちですが、ほとんどの場合は叱っても根本的な解決にはなりません。

状況やその犬の性格によって、どのように教えるかはそれぞれ違いますが、良い方法さえ見つかれば必ず「吠えなくても良い」と理解して貰う事は出来るはずです。
例え時間はかかったとしても、正しく理解させる事が出来れば吠えなくなりますし、余計な興奮が無くなれば犬もストレスから開放されます。

長すぎる緊張は良くないので、途中でドッグランを利用して休憩を交えたり
CA3D0051.jpg

時にはちょっとふざけてみたりCA3D0072.jpg

状況を見て教える事が犬にとって負担になり過ぎていないかを確かめながら、「出来ることを少しずつ多くする」気持ちで進めるようにしています。

マシュ君のように体の小さい犬達は、床に座るのを「怖がる」事も多いようです。
CA3D0064.jpg

不安な気持ちで「座って落ち着くなんて無理だよ」と思っている犬に対して「お座り」と命令しても可愛そうだと思います。

マシュ君も・・・CA3D0067_20091215233746.jpg
頑張って座ってみましたが本当は椅子の上で、人の横に居る方が安心で、落ち着けます。
何故「お座り」出来ないのかを表情を良く見て感じ取ってあげるべきですし・・・

頑張って座れた時は・・・CA3D0066.jpg
やっぱり充分に誉めてあげたいですね!



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/149-9b218f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。