2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aコッカーのメイちゃんトリミング

あんずとのツーショットで登場していたアメリカンコッカーの「メイ」ちゃん。
CA3D0390_convert_20091125222555.jpg
以前の記事トリミングのリハビリ?にも登場していましたが、見比べるとずいぶん毛量が増えてきました。

こちらが今年3月頃・・・HI090329-6.jpg

そして今回・・・.CA3D0830.jpg
すでに粗切りした段階ですが、特に足回りの毛の量が増えています。

CA3D0829.jpg
去年の9月から始めたメイちゃんのトリミング。
始めたばかりの頃は、ちょっとした事に反応してしまうために、少し我慢させる度に「偉いねぇ~」「頑張ったね~」と誉めつつ、おやつもその度に与えていたのがまるでウソのように、最近ではすっかり落ち着いて居てくれるようになりました。

CA3D0831.jpg
洗いあがりのまだ濡れているところまで、撮ってしまいました。

カットの途中ですが・・・CA3D0834.jpg
メイちゃんは体のカットは足も含めて今は全然嫌がらず、むしろリラックスし過ぎで居眠りしてしまう程です。
側で見ていてくれる飼い主さんに名前を呼んで起こして貰ったり、おやつを食べさせて励まして貰ったりと、全員参加のトリミングになっています。

一番苦手なのは顔・・・CA3D0836.jpg
特に耳周りは今でもちょっと嫌なようですが、バリカンで刈ることも出来るようになりました。
顎の下や頬のバリカンはどうしても出来ないので、顔周りの余分な毛はスキバサミで処理しています。

メイちゃんがどうして顔を嫌がるのか、本当のところは分かりません。
あくまで想像ですが、顔にバリカンなどを使っている時にメイちゃんが動いたなどの理由で、マズル(口周り)を強く掴まれたり、顎を抑えつけられて怒られたりしていたのかも知れません。

トリミングに対して嫌な印象を持ってしまった犬にとって、その場面でさらに怖い事や痛い事が起これば、我慢の限界を超えてしまい、自分の身を守ろうとしてトリミングする人を噛んでしまうという事は充分起こり得る事と思います。

そうした状況で犬が怒ってしまったとしても、大抵はその犬に対して「我がままな犬」という見方をされてしまうという事も事実です。

私は、メイちゃんに限らず我慢出来なくて噛もうとする犬を絶対に叱ったりはしません。
たとえ噛まれても何事もなかったようにして見せるので、ほとんどの犬達はびっくりしたような表情になります。

何があっても叱らない、抑え付けたり叩いたりはしない、という事を繰り返すうちに、次第に信頼して貰えるようになり、最後にはある程度「我慢して」くれるようにもなってきます。

CA3D0840.jpgメイちゃんトリミング終了~。

開放感で大はしゃぎ~CA3D0842.jpg

CA3D0843.jpg
メイちゃん、今月もお疲れ様でした。また来月も頑張りましょう~♪


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/139-b53f2d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。