2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラロームが難しい理由

この間の「のんびりアジ」の時に撮って貰っていたフェイスの写真・・・
Tmp00001-30_convert_20091117010635.jpg
「スラロームですね?」とでも言っているようなフェイスさん。一見やる気満々ですが・・・

実は只今スランプの真っ最中~
何故かと言うとそれはスラロームに入る時の角度。
上の写真のような角度だとフェイスにはスラロームの一本目の位置が分かっているのですが・・・
こちらは・・・Tmp0000F-26_convert_20091117010951.jpg
まんまと失敗~
Tmp00011-24_convert_20091117011038.jpg
この時既に私の「あーーーっ」という声で、失敗に気づいています。
そしてこのような状態に・・・Tmp00013-28_convert_20091117011120.jpg
改めて見ても、失敗した時の態度が体全体に表れていて痛々しい・・・

スラロームに入る練習で角度を付けると難しくなる理由は、犬から見るとスラロームがとても見づらいからだと言う話を先日札幌動物行動クリニックの獣医師小田先生から聞きました。
人にとっては見やすい白と赤のポールは、人と同じように色を見る事が出来ない犬にはとても識別し難いのだそうです。
小田先生曰く、ポールは黒などの色であれば犬からはとても見やすいとの事でした。

アジリティーの規則は元々が馬の「障害飛越」競技をお手本にしているので、あまり犬の立場に立っているとは思われず、ここ数年はどんどん難易度も上がっているので、なんとかフェイスにも頑張って貰うしか無く、ハンドラーとしての私のサポートも重要だというのを改めて気付かされます。

あまり失敗を続けさせたくは無いので・・・
Tmp00015-23_convert_20091117011211.jpg
時には思いっきり~Tmp00017_convert_20091117011305.jpg
もうちょいスピード出せるかな??Tmp00019-25_convert_20091117011411.jpg
ヨシ!最後までちゃんとくぐれたね!Tmp0001B-32_convert_20091117011515.jpg
「早く、ボールちょーだい!!!」byフェイス

フェイスとアジリティーをしていると、犬が人と一緒に何かをするという事がとても好きだというのが、本当に良く分かります。
簡単には出来ないからこそ、お互いに努力しなければならない。
一緒に頑張ったからこそ、成功した時の喜びもとても大きい。

まだまだ不完全なフェイスとのアジリティーですが、どうにか頑張って来シーズンは「一度」に挑戦出来ますように・・・
Tmp00009-96_convert_20091117010850.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/133-0a99823a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。