2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェとドッグランで・・・

前回にも登場のチワワの「マシュ」君。
CA3D0420_convert_20091101223500.jpg
この場所はインディアンボーイズさんの「室内ドッグラン」です。

マシュ君だけでのカフェとドッグランスペースでのトレーニング編です。
CA3D0426_convert_20091030185059.jpg他に遊びに来ているワンちゃんが居なかったので、貸しきり状態のドッグランで・・・CA3D0514.jpg「伏せ」や「立った状態」での待て、「一緒に歩く」などの基本のトレーニングや・・・

CA3D0517.jpgドッグランからカフェに入る出入り口を利用しての「待て」のトレーニングなどをしつつ・・・

CA3D0430_convert_20091101223612.jpg
カフェでのお行儀の練習もしています。

カフェスペースでの学習で大切な事は・・・CA3D0519.jpg
その場で起こるいろいろなワンちゃんへの刺激(物音・人の声・他のワンちゃんの声・匂い)に対しての反応を見て、そうした刺激を感じても必要以上に怖がったり、興奮しすぎたりしないように教える事です。

良くある相談で、「ワンちゃんが必要以上に吠えて困る」などの内容があるのですが、吠えてしまうワンちゃんに対して、ただ吠えることを叱っていても根本的な解決にはなりません。
怖くて吠える、興奮しすぎて吠える・・・等など、吠える理由を見極めた上で、「吠えなくても大丈夫」とワンちゃんが納得できるように「教える」必要があります。

CA3D0431_convert_20091101223715.jpg
上の写真のマシュ君は、カフェスタッフの様子を観察中・・・
ちょっと興味がありますが、特に緊張したり興奮しそうな様子もなさそう・・・
CA3D0432_convert_20091101231713.jpg名前を呼ぶとしっかりこちらを振り返ります。

まずはこの程度の確認をしっかりしてあげる事で、どんな状況でも指示に反応できる基礎を作っていきます。
実際に吠えてしまうような状況ではワンちゃんに「教える」という事は難しくなってしまうので、その手前の状況を見極めて、コミュニケーションをとって「教える」ようにしてあげる方が良いと思います。

基本になる「お座り」「伏せ」「待て」などのトレーニングはワンちゃんを我慢強くする効果があり。
カフェのようにある程度刺激のある場所でのトレーニングより以前に教えてあげたい内容です。
いろんな状況の中でのトレーニングはワンちゃんの心を成長させ、多少の刺激があっても強いストレスにならないように鍛えてあげられます。
また、特に多頭飼いのワンちゃんにとって、飼い主さんとの「一対一」の時間を作ってのコミュニケーションは大切だと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tail5.blog49.fc2.com/tb.php/123-0626acba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。