2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お互いにとって大切なコミュニケーションと遊び

札幌はここ数日とても暑い日が続いています。
この日のチワワさん達、あまりの暑さのために久しぶりに室内でのトレーニングになりました。

IMG_2193.jpg

いつものインディアンボーイズケネルさんの多目的ルームは快適な温度に保たれていて、みんなとてもリラックスしています。

                 IMG_2176.jpg

外の公園や道路のように犬にとって刺激の多い場所と違って、この貸切スペースの中では緊張感が少なくとても自然な姿を見る事が出来ます。

IMG_2179.jpg

多頭飼いの場合は犬同士の付き合いで、自然にお互いのルールを作っていきます。
こうした犬たちのコミュニケーションを見ていると、その時々のそれぞれの気分を伝え合って上手に付き合っているのが、とても良く分かります。

        IMG_2199.jpg

一緒に暮らしていくための大切なルールを身に付けていくためには、常に良くコミュニケーションをとって気持ちを確かめ合う事がとても大切だと思います。
人と暮らす犬には人との付き合い方、生活のルールを覚えて貰いますが、この場合も全く同じ事でコミュニケーションが出来ていなければ、犬の気持ちを分かってあげる事も出来ないし、人の思いを伝える事も出来ないでしょう。

IMG_2197.jpg

手前に居るマシュ君はとても控えめな態度で、私に対してかまって欲しい気持ちを伝えようとしています。

どんな態度や表情が人に対して効果があるのかも、毎日の暮らしの中で試しながら覚えていきます。
この事を分かっていればして欲しくないこと「吠える・飛びつく・手などに咬みつく」などをしてきた時には、犬の要求に応えずにいる事で、こうした態度をとらないようにさせられます。

とても単純なことなのですが、人の場合はこうしたことに対して「つい、うっかり」または叱ろうとして犬に対して何かをしてしまう事が多いように思います。

        IMG_2194.jpg

逆に犬がとても控えめな態度で気持ちを示してきたり、とても良い状態で落ち着いている場面では、その事を見過ごしてしまうので、こんな風に良い態度の時に充分に犬に応えていない場合もあります。
落ち着いていて欲しいと思っているならば、そうした場面で犬を呼んであげて、遊んであげるとか簡単なゲームをしてあげる事が出来れば、犬はそのルールをすぐに覚えてくれます。

IMG_2196.jpg

          IMG_2181.jpg

マシュ君もヴィヴィアンちゃんもとても期待していた、ここでのお楽しみのゲーム!

IMG_2226.jpg

アジリティーのハードルを使った遊びでした。

          IMG_2212.jpg

小さい犬たちも体を動かして楽しめる、こんな遊びが大好きです。
人と一緒に何か目的をもった事をするのは、どんな犬たちにもとても意味のある事です。
犬と一緒に楽しめる事を一つでも多く見つけてあげる事が出来れば、欲求不満から始まる困った問題は起こさないようになると思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

暑い日のお散歩

6月にしては暑い日が続いています、こんな季節の運動にとても良い場所が我が家の近くにはあります。

CA3D0214_20100622223550.jpg

通称「裏山」本当は森林公園なんですが、一歩森に入るとまるで別世界のような深い森なんです。

        CA3D0222_20100622223725.jpg

アスファルトで覆われた舗道は照りつける日差しでとても熱く、裸足で歩く上に地面に近くで呼吸をする犬にとって過酷な環境ですが、この森林に入ると日差しは木々に遮られ、湿気を含んだ土も柔らかくて足にも優しいのです。
いつものように先にたってどんどん進んでいくフェイス。

              CA3D0231.jpg

途中で匂いを嗅いだりしながら、気ままに進んでいきます。

                 CA3D0230.jpg

ファジーはいつもの定位置、マイペースでしっかり付いて歩いています。
道は曲がりくねっていたり、生い茂る木々で先の見通しも悪いですが、フェイスの態度を見ていると道の先に何かがあるのが大体は分かります。

CA3D0225.jpg

立ち止まってみたり、私を振り返ってくる時は、大体こちらに向かって人が歩いてきている時です。

      CA3D0234.jpg

人とすれ違うにはとても狭い道なので、必ず呼び戻して横をゆっくり歩かせるか、道を譲るために座らせて待たせたりしています。

          CA3D0240_20100622224500.jpg

度々すれ違う事があっても、呼び戻しや座って待っている間におやつを貰えるのが分かっているので、フェイスは自主的に喜んで戻ってきたり、座ってみたりしています。
とても静かな森林公園なので、もし見通しの悪い道で突然目の前にフェイスのような大きい犬が現れれば、相手の人を驚かせてしまうでしょうから、この事だけはいつも気を付けています。

CA3D0237.jpg

ここは中間地点。散策コースもいろいろあります。
犬にとっても快適な場所ですが、当然この季節は訪れる人もとても多いです。

      CA3D0243.jpg

この日はこの地点から折り返して帰り道ですが、ここからの帰りはずっと上り坂になります。

CA3D0242_20100622224606.jpg

        CA3D0238_20100622233432.jpg

7才のファジーも8才のフェイスもちょっとお疲れ気味かな?

この森に入ると街中とは遠く離れているような感覚になりますが、森を一歩出ると景色が一瞬で変わってしまいます。
強い日差しが照りつけ、アスファルトはとても熱い・・・現実の環境です。
こうした環境は犬の体にはとても負担になります、散歩の時間帯を工夫したり日陰を選んで歩かせるなど、気をつけるようにしたいですね。
この季節は特にこの貴重な環境がとても近くにある事を有りがたく思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

のんびりアジの写真・フェイス

先日の「のんびりアジ」の時によぉこさんに撮って貰っていたフェイスの写真です。

IMGP7424_convert_20100619011956.jpg

       IMGP7427_convert_20100617024604.jpg

まずはスラローム・・・楽に入れる角度の時はまずまずのスピードが出ています。
動きが硬いのは、体型によるものなのでしょう、これ以上滑らかな動きは無理なようです。

IMGP7432_convert_20100617024810.jpg

ドッグウォークも入り方が悪いと、どうも焦って斜めに入ろうとする事があり、この癖を直さないと一回目に上手く上って行けないので、これもやはり要注意。
でもこの写真を見る限りでは、私の指示も失敗しています(泣)

やり直してからちゃんと上れた所・・・
タッチ障害は入りさえ気をつけて行けば、下りのタッチを飛ぶ事は今のところ無さそうなので、上りを焦らせないのが良さそうです。

          IMGP7433_convert_20100617025012.jpg

割とミスが減ってきているのは、タイヤ。

IMGP7418_convert_20100617023849.jpg

タイヤに入れずに枠の中を通ってしまう頻度は、以前よりは大分減ってきたようです。

そして、最初は大苦戦していたシーソーですが、すっかり慣れたようです。

IMGP7422_convert_20100617024106.jpg

平然と上っていき・・・

          IMGP7423_convert_20100617024345.jpg

下りのタッチで確実に止まってくれるようになりました。

障害の種類を完璧にコマンドだけで理解しているかと言うと、まだまだそうなっていないので、最近の練習ではコマンドで確実にそれぞれの障害に向かって行けるような練習をしています。
今のところ間違った時でも、次の指示に対して良く反応してくれているので、この練習方法もそれほど負担ではないようです。

実際に指示を出し一緒に動いている時は、何もかもが一瞬のうちに終わってしまうので、こうして写真を見たり、競技の時の動画を見直したりすると、改めて課題を見直すのにとても勉強になります。
フェイスも決して若くはないので、一枚一枚の写真でこの一瞬が残して貰えるのも、とても有り難く思えます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


2010/6・アジQ(U人練習会)

7月のJKCアジリティー競技会を目前にして、6/13・ドッグスクールU人での恒例の「アジQ」に参加して来ました。

IMG_2174.jpg

今回もまた「フェイス」と「レオ」君。
いつもと違うのは、今回の出場クラスはこれまでの「ビギナー」ではなく、二人揃って「ジャンピング1度」と「アジリティー1度」にチャレンジ。
フェイスは5/8「WISE DOG練習会」で出場しましたが、レオ君は今回が全く初めてです。
それぞれの障害を練習して来てはいるものの、ちゃんとしたコースで走った事は無く、競技会を前にしてまずはどの程度出来るかどうか・・・やってみるしかありません。

午前中にまずは「ジャンピング1」にミディアムクラスのレオ君から・・・
スタートしてすぐのトンネルにまんまと飛び込まれて、あっという間の失格となってしまいました(涙)
練習会ならでは、再挑戦(リトライ)出来るので直後にもう一度仕切りなおし。
どうにか序盤を順番どおりに進めるも、苦手なスラロームが難しい角度にあったために、レオ君は大困惑状態になりここで大きくタイムロスとなりました。(またまた涙・大汗)

Tmp00015-97.jpg

        Tmp00017-106.jpg

上の写真は去年の練習中のもの・・・調子が良ければスラロームも出来てはいるのですが、入りづらい角度だと失敗も多く、後になって考えると私自身が必要以上に苦手意識を持ちすぎていた事も失敗の原因だったと思います。

いろいろ課題はあったものの、このクラスはどうにか最後までコースを走りきり、ゴールする事が出来ました。

続いてフェイスのラージクラス・・・同じようにトンネルの罠にはまり、同じく一度目は失格、そしてフェイスもリトライして二度目は同じようにゴールまでという、二人揃って同じような結果となりました。

レオ君もフェイスも今回は写真がありません。
変わりに「ジャンピング2度」のテストランをU人先生が走ったのを撮影してきました。

IMG_2144.jpg

      IMG_2154.jpg

           IMG_2160.jpg

お手本となるハンドリングと、それに反応する俊敏な犬の動き・・・
改めて見ても、今の私とレオ君やフェイスとでは全くかけ離れています。
練習量もあまり多くは出来ない今は、出来るだけ失敗させずに、とりあえずはゴールが目標です。

そして午後からの「アジリティー1」クラス。
レオ君、一回目は思ったとおりの失敗でまたもやあっという間に失格。
そしてリトライしましたが、このクラスではゴールまであと少しのところにあったタイヤを失敗し、拒絶のミスが三つとなり、残念ながら失格でした。

フェイスも一回目はまたもレオ君と同じ所で失格。
それでもフェイスは二回目はどうにかゴールまで辿り付く事が出来ました。

CA3D0182.jpg

フェイスは今回失敗もありつつ、競技を含めて全体的な態度は落ち着いていました。
必要以上の緊張感や興奮が無かった事が何よりでした。

       IMG_2175.jpg

レオ君は苦手な事がはっきりしたので、早速その解決に向けて練習を始めています。
練習会で失敗した事はレオ君の気持ちに悪く影響してはいないので、すぐに良い練習が出来ました。

今回のチャレンジではいろいろな課題が見つかりました。
7月の競技会までの約一ヶ月間、頑張って練習して行きたいと思っています。

CA3D0183_20100615220937.jpg

        CA3D0178.jpg

暑い一日でしたが今回も元気にお供してくれたあんず婆ちゃん、この笑顔でちょっとだけ癒されています。
(今回ファジーの写真を撮り損ないましたが、ファジーもいつも通りお供していました)


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

のんびりアジの新メンバー

今年二回目の「のんびりアジ」に今回初参加のワン子さん。

IMG_2136.jpg

アメリカンコッカーの「メイ」ちゃんです。
メイちゃんは札幌動物行動クリニックの卒業生。
今は月に一度のペースでシャンプー・カットしているお馴染みさんですが、クリニックの卒業生なのは「らんぷ」ちゃんも同じなので、二人は奇しくも「同窓生」でもあります。

まずは、らんぷちゃんです。

IMG_2106.jpg

        IMG_2113.jpg

前回に引き続きドッグウォークのタッチゾーンで止まる練習から・・・月に一度のペースのわりには、良い感覚で練習出来ていました。

そして、メイちゃんはハードルを飛ぶ事から始めます。

IMGP7452_convert_20100612231440.jpg

        IMGP7480_convert_20100612230945.jpg

              IMGP7466_convert_20100612231657.jpg

なかなか順調です!
全く初めてという訳ではなかったようですが、少し要領をつかむとどんどん上達出来そうな感じです。

さて、らんぷちゃんはこの日はドッグウォークの他にも新しい障害にチャレンジしました。
シーソーは二人がかりで付きっきりだったので、残念ながら写真がありませんが、初めてにしてはまずまず上手く出来ました

そしてタイヤも飛んでみました。

IMG_2092.jpg

      IMG_2097.jpg

             IMG_2094.jpg

これも難なくクリア~
らんぷちゃんは何でも抵抗なく覚えてくれるので、とても教え甲斐があります。

そしてメイちゃんには、トンネルの練習・・・

IMGP7484_convert_20100612231232.jpg

まずはトンネルを縮めて短くしてから、私がトンネルにメイちゃんを入れてトンネルの出口では飼い主さんに呼んで貰います。

覚えてくれたら、今度は私がメイちゃんをトンネルに入れると同時に、飼い主さんにトンネルの横を走りながら呼んで貰って・・・

IMGP7493_convert_20100612232117.jpg

       IMGP7509_convert_20100612232329.jpg

              IMGP7517_convert_20100612232524.jpg

これも数回の練習でかなり覚えて貰えました

初参加のメイちゃんでしたが、短い時間のうちにすっかり打ち解けてくれて、練習を楽しんで貰えたようでした。

IMG_2123.jpg

     IMG_2127.jpg

          IMG_2129.jpg

広いドッグランも堪能出来ていたかな?

IMG_2134.jpg

アジリティー練習には、ちょっと暑すぎるくらいの陽気でしたが、みんな良く頑張りました
「のんびりアジ」は文字通りののんびりペース、その子のペースで進めているので、一度に沢山のワン子さんという訳にはいきませんが、今回はちょうど良い感じの練習が出来ました。
合間の休憩におしゃべりしたり、一緒におやつを食べたり・・・犬も飼い主さんも楽しむ事がまず優先です。
こんなゆる~いペースのアジリティー練習に興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいね♪

今回もよぉこさんに沢山写真を撮って貰いました。
フェイスの写真も沢山あるのですが、それはまた次の機会に載せさせて貰います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

繰り返す事で理解させる

CA3D0177.jpg

       CA3D0172.jpg

先月から公園へ出かけているチワワさん達。
外に出かける機会が少なかったために、出かけ始めの頃はいろんな出来事に対して、どうしても神経質に反応してしまっていました。

CA3D0129.jpg

外での経験が少ないために、人から見てなんでもなさそうな事にも、驚いたり怖いと感じてしまう事もあります。
外で出会う事に対して「得体の知れないモノ」と感じている限りは、実際には何も怖くない事であってもパニックになる場合だってあります。

        CA3D0131.jpg

        ずいぶん遠くからの音に反応しているマシュ君です。

              CA3D0128_20100609220250.jpg

耳が緊張した表情を物語っていますが、この時もおやつのフードが食べられていたので、この場所で歩いたり座らせたりしながらしばらくこの音を聞きなれて貰っていました。

犬にとって「得体の知れない」理解出来ない物事に慣れて貰うためには、絶対に無理は禁物です。
まずは食べ慣れているおやつを食べられるかどうか・・・食べられる状態であれば、食べさせながらその物事に慣れていく事が出来ます。

この事は何も怖がっている時だけではなく、興奮している時にも効果があります。
パピ君は周囲にある他の犬たちの匂いに対して、やや興奮気味になる時があります。

CA3D0174.jpg

しばらく匂いを嗅ぎ回らせてから、名前を呼んで一時中断して貰います。
この時も呼んで側まで来た時におやつをあげるのですが、こうする事で散歩中に犬だけの考えで行動させずに、一緒に居る人を意識出来るようにさせています。

匂い嗅ぎにあまりにも執着してしまう場合も、ただ単に嗅ぐ事が好きというだけではなく、「嗅ぐ事で確認しないとならない」というちょっと困った心理状態になっている事もあるので、このようにして中断させたり、別な方向に行くように誘ってみたりする事も大切です。
もちろん一切嗅がせないというのでは何も解決しないので、嗅がせたり中断させたりといったバランスをとるべきです。

興奮し過ぎている場合もその時に食べ物が食べられるかどうかは、その興奮の度合いを判断するのに役に立ちますし、興奮した状態から戻してあげるためにも、「食べる事」が効果的だと思います。

CA3D0176_20100609220809.jpg

        CA3D0130.jpg

どの場面でも犬たちの表情を良く見てあげながら、慣らす場合も充分な距離をとって、安全な状態を保っておく事が大切です。
特に理解出来ない「得体が知れない」と思っている対象に慣らす時には、繰り返し何度も体験させて大丈夫な事を実感させる必要があるので、早く慣らそうと一度の時間を長くし過ぎたり、無理に近づけるのは禁物です。

CA3D0115_20100609220137.jpg

慣れるまでの時間は、それぞれみんな違うと思いますが、焦らずに地道に繰り返す事で必ず良い方向に向いていくはずです。

飼い主さんから食べ物を貰う、という基本的な事をちゃんと期待できている事は、怖い時や興奮し過ぎへの対応ではとても効果があります。
普段の食べる習慣からも繋がっていく事なので、食事の習慣を含めて気を付けたい事の一つです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

犬の動きを見ていますか?

IMG_1980.jpg

今年の8月には13歳になる我が家のゴールデン「あんず」
生まれてすぐに上下のアゴがずれていて、舌がねじれている事が分かっていたのですが、何故そうなったのかは分からないまま哺乳や離乳食を食べさせるのにとても苦労して育てたのがウソのような今の健在ぶりです。

        IMG_2040.jpg

アゴや舌の異常が無ければ我が家の犬になるはずもない程、あんずは優秀な血統の持ち主。
母親譲りの良い骨格構成のおかげで、体はとても小さいけれどバランスの良い綺麗な立ち姿を今も見せてくれます。

IMG_1968.jpg

        IMG_1969.jpg

               IMG_1971.jpg

あんずは今でもなめらかな速歩が出来ていて、関節の変形もありません。
こうして身近に見ていると、遺伝によって決まってしまう骨格構成の大切さと、成長期の運動の質の大切さを実感します。
母親もとてもバランスのとれた綺麗なゴールデンでしたが、あんずがその母親と同じように走る事が出来るのは、遺伝の他に成長期に充分な自由運動が出来た事も大きいと思います。
今のあんずを見ていると、体に負担をかけずに充分な運動が出来ていた事が、その後の一生に大きな影響を与えていくと感じます。

IMG_1123.jpg

自由運動を安全にさせるためには、ドッグ・ランのような囲ってある場所に連れて行くか、ロングリードなどを使う必要があります。
ドッグ・ランであれば遊び相手となる犬によっては、かえって体に無理をかける事があったり、犬との遊びで興奮が強くなってしまう事もあるので、気をつけなければなりません。
ロングリードを使って公園などで遊ぶ場合は、周囲への配慮やリードを使う工夫、飼い主さんが遊びを工夫するなどこれもそれなりに手間がかかります。

           IMG_1203.jpg

でもこの貴重な成長期にそうした手間を充分にかけてあげる事は、その後の一生に大きな成果となって現れます。
特に飼い主さんが一緒に遊ぶという事は、飼い主さんご自身が犬の事を知るためにとても重要な事と思います。
人間と同様に犬も遊びによって多くの事を学ぶので、その貴重な時間をあまりにも犬同士に任せすぎてしまうのは、とてももったいない事ですし、飼い主さんとのコミュニケーションが減ってしまう事にもなりかねません。

IMG_1594.jpg

今アジリティーを教えているシェルティーの「レオ」君も子犬の頃から沢山遊んで私に慣れて貰いました。
レオ君のように飼い主さんではない立場で教える時には、特に遊びで工夫をして好きになって貰えないと困りますし、遊びの時間に表情も含めて体全体を良く観察して、短い時間の中でなるべく沢山レオ君について知らなければなりません。

        IMG_1472.jpg

アジリティーの練習を始める頃に、走り方で少し気になる事があったので、レオ君は動物病院で関節の状態をチェックして貰っています。
その時点では特に関節などに問題はなくて、アジリティーでの運動についても無理ではないと言われています。
走っている時の足の動きには今も気になる事はありますが、こればかりは生まれついたもので治す事は出来ないので、今後も気をつけてあげたいと思っています。

IMG_1424.jpg

犬種によって体型は様々ですが、体を動かしている時に注意して見てあげると、いろんな事が分かるようになります。
出来ればご自分の犬だけではなく、いろんな犬たちの歩き方や走る動きを見てみて下さい。
アジリティーのような特別な事をしていなくても、体の動きに注意して見てあげられると犬について多くの事を知るのにとても役立ちます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。