2006-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロ君

20060930230412
今日はシェルティーの男の子マロ君のお散歩代行でした。

マロ君、実は我が家のロージーのお父さんの兄弟犬なので、おじさんなのです。

子犬の時からずっと見て来たマロ君も今では12歳。

若い頃は訓練試験を受けたり、アジリティーの競技会に出たりして来たマロ君ですが、最近は普段の運動はお家の広いお庭で、自由にしています。
でも、やっぱりたまには気分転換も大切。

今日もルンルンでお散歩。
これからも、もっともっと一緒にお散歩に行こうね!
スポンサーサイト

アーニーズドッグさんへ

今日は当別にある「アーニーズドッグ」http://www2.odn.ne.jp/~cht78600/さんに行って来ました。
なぜかと言うと、来月こちらで「しつけのデモンストレーション」と「無料相談」を開催する予定になった為です。

お店の定休日を利用して、下見と打ち合わせ中、まだらちゃんは待機。
久々のショップでテンションは上がり気味。
060928_1548~0009.jpg


本番はしっかり頼みますよぉ~。

詳しい事が決まり次第、またお知らせしますね。


カフェでレッスン

今日は出張しつけで通っているシュナウザーの〝ひな〟ちゃんのカフェでのレッスンです。
ひなちゃんは、お散歩の時などに犬と出会うとつい吠えてしまう事が悩みです。
今回は初めてドッグ・カフェに行って、必要なマナーや対処法などの指導をする事になりました。

利用させて頂いたのは、インディアンボーイズケネルさんhttp://www.indianboys.jp/index.htmlこちらでは、「しつけ教室」の開催もしていて、いろいろと協力をして頂いています。

さて、ひなちゃんですが、飼い主さんがお茶を頂く間のマナーや、他の犬と出会った時の対処などを丁度良いタイミングで、体験する事が出来ました。
初めての場所、状況の中での緊張もありましたが、上手にリラックスする事も出来て、とても良い経験になったようです。
060926_1121~0009.jpg

もうすぐ1才になるひなちゃん、これからもいろいろな経験を積んで楽しめるようにお手伝い出来たらと思います。

無理は禁物

20060925233134
色々な事に慣らす時に注意しなければならないのは、決して焦らないという事。犬の我慢出来る範囲を見極めて、苦手な事に徐々に慣らさなくてはならない。

犬が冷静でいられるために必要な環境を保ちながら、苦手な状況に慣らす事。
例えば犬に会うと吠える場合は、相手との距離を充分にとる事で興奮や恐怖を和らげ、冷静さを保つ事が出来るでしょう。

冷静でいられる=飼い主の呼びかけに応えられる事。
その我慢の限界を徐々に広げられる事が犬の精神を鍛える事になるようです。

動物愛護フェスティバル2006

今年で3回目になる愛護フェスティバル、今日はフェイスを連れて行って来ました。
20060924221336.jpg


会場は結構な混雑で、各会場への通路はどこも人と犬とでいっぱい。
人込みでの落着いた「ヒール」が出来るかどうか、試すのには丁度良い機会。
フェイスさん、緊張しつつも神妙に「ヒール」することが出来ました。

途中、何人かの知り合いに会うと、はしゃいでみたりはするものの、いつものテンションの半分位かな?
今日気付いたのは、フェイスの他人への反応は半分くらいが私の影響らしいという事。
知人に会った時の私の態度で、その人への接し方が変化するようで、例えば敬語で話す相手と普通に話す相手など、私自信の気持ちがほぼそのまま反映される事に気付きました。

そして、これは・・・・・
20060924221911.jpg

フェイスも何度も会っている親しい相手と、写真を撮るのにキューズを使って注意を引いた後で遊ばせた時のもの。
すっかりリラックスしたのか、周りに人も犬も居る中で〝仰向け・腹だし〟状態で遊びに夢中になっちゃいました。

今日のフェイスを見ていると、犬にはいろんな経験を積む事が大切だというのを痛感します。
若い頃のフェイスは、興奮しやすくて必要以上に騒ぐ事が多かった為、ちょっとした事で疲れてしまい、体調を崩してしまう事も度々でした。
それを克服させるために、少しずついろんな場所へ連れて行く事をしてみたり、やむを得ない事情での環境の変化なども経て、次第に鍛えられて来たのだと思います。

う~~ん、この様子だとBHも夢ではないかも???
誰か一緒に受けてくれるチャンスがあったら、チャレンジしてみようかなぁー。
なんて夢を描いている横でまだらちゃんは夢の中、何やら寝言が聞こえて来ます。

運動不足解消

昨日は河川敷に行ってお散歩して、おもちゃを使って遊びながらの運動を。

フェイスの大好きなおもちゃ〝キューズ〟
pz-bad-cuz[1].jpg


ロングリードを付けて、まずはキャッチ。
060921_1653~0003.jpg


まだらちゃん、動きが速すぎて追えません・・・
060921_1653~0012.jpg

分けの分らない生き物になっちゃいましたよ・・・・・

そして、大好きな引っ張りっこ遊び。
060921_1654~0002.jpg

夢中でカジカジするので、キューズはあっという間にまだらのヨダレでべとべとになり、引っ張りっこのお相手は大変。

河川敷は広くて見通しも良いから、(ロングリードも絡まないし)思いっきり運動させるのには最高。
ただし、お互いに夢中になりすぎると、通りすがりの人に怪しまれるかもね???

訓練競技会

9月18日(月・敬老の日)訓練競技会でした。
チワワのマシュー君は、今回がデビューでした。
マシュー・訓練競技0609

慣れない雰囲気にいつもの調子が出せず、残念な成績となりましたが、得意な科目ではとても良い表情を見せてくれました。

続いて〝まだら〟ちゃん・・・・・
フェイス・訓練競技0609

昨日までのアジリティーの時とは違って、とても良く集中してくれました。
が、・・・・・
今回はフェイスではなく、私がいくつかのミスをしてしまったため、目標だったポイントカードを逃してしまいました。
ホントに〝まだら〟ちゃんに申し訳無かったです。反省。

最後にファジー君
ファジー・訓練競技0609

少し前から雨が降り始め、どんどん体が濡れるのが気になってしまったファジー君。
歩きながらの〝ブルブル〟や、濡れた足を舐めてしまうために集中しきれませんでした。
雨対策にもっと取り組まなければならないようです。

そしてそして、この日はちょっと嬉しい事がありました~♪
ジェイ君とあんず

この画像であんずと並んでいるのはジェイ君。
ジェイ君はあんずの〝弟〟なんです。
偶然、姉弟だという事を知って、この競技会の会場に会いに来てくれました。
ジェイ君のお顔は二人のお母さんの〝おはぎ〟ちゃんに似ていました。
ジェイ君

しぐさもこの一族ならではのまったり感。
久々に親戚犬さんに会えて、とても嬉しく幸せなひとときでした。

アジリティー競技会

9月16日(土)と17日(日)はアジリティー競技会でしたが・・・・・
結果は惨敗。

フェイスはアジリティーに全く集中できず、コースの外ばかり見るようになってしまってました。
2日目は紐を付けて見ましたが・・・・・
06

ハンドラーと犬が全く別な方向を見てますね・・・・・

果たして、再びアジリティーに集中出来る日は来るのか???
7月の競技会での成績を思うと、この数ヶ月でのフェイスの変貌には戸惑うばかりです。

さて、いつも通り競技会の会場にお供させられている、年寄りコンビです。
ロージーとあんず・車内

競技中は車の中で待機。
時間を見ては車から降ろして、お散歩&おやつタイム。
ささやかな幸せ?でしょうか。

明日から3日間は競技会

競技会の最後の練習に、またまたドッグ・ランへ行きました。
今日も貸切状態~
060915_1049~0006.jpg

フェイスはぶっ飛び。
060915_1050~0002.jpg

ファジーは違う生き物になっちゃいました・・・・・

散々走りまわらせてから、さて、オビの練習からしましょう~
フェイスもファジーも訓練競技がメインなので、まずはそっちからの練習。
久々に良く集中してくれました。
本番もこの調子で行って欲しいものですが・・・・・

フェイスのアジリティー練習も、まずまずだったかな?
いつもながら、練習中は撮影不可能なのが残念。

HI370014.jpg

アジリティー練習中もテンション上げようと、大騒ぎになったので、もうヘロヘロ状態。

3日間の結果は、どうなるでしょうか???

久々の白

ファジーは、白いトイプードル。
でも昨日までのファジーくん・・・
060901_1053~0003.jpg

ボサボサでヨレヨレです、「白かったよね?」とか「何犬ですか?」なんて言われてしまいます。

で、今日は久々のシャンプー。
HI370013.jpg

ハサミを持つのも久々、雑なカットで申し訳無い~。


どんな犬になって欲しいのか?

犬に何かを教える時に、具体的な目的がはっきりしている方が、教えやすいようです。
「こんな事をして欲しい」「一緒にこんな事が出来たら」というように。

逆に困っている事を直したいという時は、その行動の〝悪い事〟ばかりを見てしまうようです。
「こんな事はして欲しくない」「この行動を止めさせたい」

シェルティーのロージーは、ちょっとの事で興奮のスイッチが入り、じっとして居られなくなります。
その場でクルクルと回ったり、さらにエスカレートすると吠える事も。

この場合に回る事を〝叱る〟か、止まるように〝教える〟のか?
犬が本能的にする行動を、叱るだけでやめさせたとしても、本当の解決にはなりません。

止まって貰うためには「おすわり」や「伏せ」「待て」が出来れば良いのです。
〝良い状態〟に導いてその状態を誉める。
そうする事で、興奮しようとする気持ちを沈めて〝我慢する〟事を覚えます。

050124_1724~003.jpg

目の前に置かれたケーキを食べるのを「待つ」ロージー。
待った後には必ず〝良い事〟があるのです。

仲良く一緒に「待て」

「待て」を覚えてもらうと、便利な事が沢山あります。
静かにしていて欲しい時や、動き回ると危険な場合などはもちろん。
何よりも動かずに落ち着いて貰うためにも、「待て」は役立ってきます。

犬は元々が社会性を持った動物なので、人に飼われなくても子犬時代に親犬や年上の兄弟から教えられているようです。
人が子犬に教える時も、犬の行動パターンを参考にすると教えやすくなります。

親犬は子犬がかなり小さい時から「じっとして動かない」という状態を教えます。
自然界では、子犬の無謀な行動が危険を招くからでしょう。
親犬はこの時、子犬に対して低く唸ったり、首や肩を口で咥えたりすることで、動くのをやめさせるようです。

人がこの行動を真似る時に注意すべきなのは、この時の人の態度。
親犬になったつもりで、堂々と落着いて教えるという事です。
子犬の騒ぎにつられて、人が慌ててしまったり、大きな声を出すのは逆効果になってしまいます。

子犬は大人の態度を見習って物事を覚えます。
「待て」を教えるためには、落着いた態度や、時には多少の緊張感(危険に備える)などが必要なようです。
テクニックより、まず〝教える態度〟が重要だと思います。

覚えて貰えるまでは、一歩一歩確実に。
根気良く丁寧に教えてあげて欲しい事です。
次第に、どんな理由で待つのか、何を待つのか、「待て」の意味を犬が理解して協力してくれる事を目指して。


060530_1248~002.jpg

優等生なフェイス

昨日はアジリティーレッスンの後、出張でのしつけをしているポメラニアンの紋次郎くんのところへ・・・
060908_1406~0003.jpg

陽気で活発な紋次郎くんは「待て」が苦手。
いろんな誘惑についつい体が動いてしまいます。
紋次郎くんには、頑張って我慢できた時に「嬉しい気持ち」を感じて貰えるような練習の工夫がポイント。

でも昨日は、練習のついでに頼まれた「爪きり・足の裏の毛やおヒゲのカット・肛門線の処置」etc・・・ですっかりお疲れのようでした。
紋次郎くん、これからも頑張りましょうねー。

そして、今日のフェイスですが。
動物病院での「マナー教室」の日だったんですが、フェイスにも大役が与えられました。
「供血」です。

以前から供血の登録をしていて、輸血の必要のある時には頼まれています。
フェイスはこの動物病院では〝とってもお利巧さん〟なのです。

子犬の時から嬉しくなると大騒ぎする傾向のある子だったフェイス。
病院では狭い場所に犬も人も集まるので、出来るだけ落着いて居られるようにと、その点だけには気を付けてきていたのです。
その甲斐あってか、病院スタッフの方達にはフェイスはとても落着いた性格だ、と勘違いされてしまう程なのです。

無事に採血も終わり、点滴もしてもらってお役目終了。
ご褒美に公園でのびのびと遊びましょう~。
満足したかな?
060909_1630~0001.jpg

有意義なレッスン

今日はアジリティーのレッスンを受けに行って来ました。
ここのところ単独練習ばかり続けてましたが、どうにも進歩が無く行き詰まり状態でした。

レッスンを受けてみると、今更ながら基本の大切さを痛感。
「盛り上げる」「集中させる」「誉める」「遊ぶ」「指示の出し方」etc・・・
単独練習で陥っていた間違いを、多々指摘されつつ練習を重ねるうち、フェイスの表情がどんどん良くなっていく・・・

060901_1059~0006.jpg

残念ながら、アジの真っ最中の画像は撮れず・・・
さてさて、これからも頑張って練習しましょう。
もっともっと、楽しくなって一緒に喜べるように!!

大好きな人

20060907231333
今日はまだらちゃんにとってラッキーな日でした。

大好きな人に会えて大騒ぎして喜び、一度サヨナラしてからもう一度今度はお友達のGRのナギちゃんにまで会って遊ばせて貰えたんです。
ナギちゃんのお腹の下に潜ったり、耳をめくったり、お口をなめたり…

さんざん堪能したと思ったら再び注目はナギちゃんの飼い主さんへと戻ってました。

まだらちゃん、彼女の言葉には私のよりずっと真剣に応えちゃいます。いつもその位真面目に…っていうのは無理よね。

競技会に向けて

昨日はドッグ・ランでアジリティーと訓練(オビディエンス)の練習。
フェイスは、ランにアジリティー道具が立っているのを見ると、気になって仕方ない様子。
オビはそこそこに、走りますか?

フェイスはアジが好きですが練習量が足りず、未だにビギナーコース(ハードルとトンネルだけ)止まり。
最近、ちょっと飽きてきたようです。

以前時間が有った時にはスラロームもちょっとだけ出来てました。
P1011781-2.jpg

こんな冬景色の画像しか見つかりません・・・・・
昨日もスラにちょっとチャレンジ。
なんとか出来るも、スピードはこの頃に比べると遅すぎ。

飽きないように、最近始めたばかりのタッチ障害の練習もしつつ、ビギナーコースにも付き合って貰いました。
私達のアジの練習は、主にハンドラーの私の練習です。
指示を出すタイミング、コース取り、すべて私の問題。
昨日も反省点満載といったところで、付き合ってくれたまだらちゃんに申し訳ない状態。
もっともっと練習出来れば良いのですが・・・・・


足が…

20060905233927
この間ドッグランに行った時に撮りました。
かなりのスピードで斜面を駆け下りてましたが、前足がすごい形になっていて、ビックリ!!
そして、この勢いのままで跳びつかれようものなら…
まだらちゃん・四捨五入で5歳・まだまだやんちゃ盛りって???

しつけって???

犬のしつけ、犬をしつける・・・などと良く聞きます。
〝しつけ〟ってなんでしょう?
辞書で調べると「礼儀作法を仕込む事」だそうです。
犬が人間社会で暮らすのに必要な「礼儀作法」。

犬は人間と違う種類の動物。
人の社会で生きていくためには、人の社会の礼儀作法、ルールを学ばなければなりません。

犬があまりにも身近な存在なので、時として間違いが起きます。
「しつけ」をきちんとしようとするあまりに、犬が感じている事が見過ごされてしまうのです。
もしも、何か上手くいかない事が起きた時には、出来るだけ犬の表情や態度を観察してみるべきだと思います。
犬からのメッセージは、良く観察してあげると沢山見えてくるはずです。

犬の〝しつけ〟のためには相互理解が大切です。
決して〝押し付け〟にならないように・・・・・

20060904233520.jpg

えーーと、この時まだらちゃん(フェイス)は遊ばれています。
本犬もこれが遊びだと分っているようです。
お互いを分かり合うためにも、遊びは重要なコミュニケーション。
遊びの基本はお互いが楽しい事でしょうが、この遊びはまだらちゃんにとっては楽しくないでしょうねー。

フェイスとファジー

20060903162754
この二人はほとんど一緒に行動してます。

この時、フェイスはおもちゃを口にくわえていて、ファジーもホントはおもちゃが欲しい…
ファジー「それ、欲しいなぁ…」「ちょっと貸してくれないかなぁ…」
フェイス「ゼッタイあげない!」

言葉にするならそんな感じかな?

この時、フェイスは人の耳には聞こえるか聞こえない位の声で「ウゥー」っとか言ってたんですが、ファジーはずーっとしっぽフリフリ…

ファジーはどんなに欲しくても実力行使できないし、フェイスもうなっていても本気ではなく、あまりしつこくされると困るらしく、私のところへ持って来て「なんとかしてくれー」状態。

まぁ“仲良し”といったところでしょうか?

チワワさん達の挑戦

出張指導中のワンちゃんです。

060901_1547~0005.jpg

マシュー君・チワワ・男の子です。
先日、犬の試験(JKC)を受験し、とりあえずは初等科に合格。
今は、今月の18日に迫った「訓練競技会」目指して、猛特訓中。
と、言えども、練習は無理せず、楽しく。
まだまだ若いマシュー君、トレーニングを楽しく進める事がポイント。
なかなか良い調子です。

060901_1559~0009.jpg

プリンちゃん・チワワ・女の子です。マシュー君と同じ家のワンちゃん。
この子は、これから訓練の試験を受ける予定です。
マシュー君と一緒の練習で、とても張り切っていて楽しそう。

どんなワンちゃんも目標を持って、意味の有る行動をしている時は、とても活き活きするような気がします。
このお2人さんは、どんどん練習が楽しくなってくれています。
もちろん、飼い主さんも一緒に楽しんで貰っています。

混ぜ合わせ(シャッフル)メンバー

フェイス以外のメンバー紹介です。

050809_1421~001.jpg


ロージー・シェルティー♀・もうすぐ11才
シャッフル家で生まれた子です。
生まれつき骨格の異常がありますが、現時点では普通に過ごしています。

20060831121240.jpg


あんず・ゴールデンレトリバー♀・9才
当時の勤め先で生まれましたが、11匹兄弟で普通の子の半分の大きさで生まれ、何時の間にかメンバーとなっていました・・・・・

p-040103[1].jpg


ぴっぴ・トイプードル♀・7才
ちょっとした事情で3年ほど前にメンバーになりました。
なので、フェイスよりも後から加わりました。

060523_1724~002.jpg


ファジー・トイプードル♂・3才
唯一の男の子、2年ほど前にやって来ました。(10ヶ月の時)
フェイスと一緒に訓練中。
スタートは遅れましたが、既にフェイスを追い越す活躍をしています。

と言う訳で、4種類がそれぞれの理由で我が家のメンバーとなっています。
それぞれの詳しいエピソードは、またいつか・・・・・

ドッグ・ラン

20060901134850
久しぶりに連れて行きました。
今日は誰も居なくて、貸し切り状態。

リード無しで走れるのは、やっぱり楽しいのでしょう。

しばらくサボっていた訓練をしたり、気分転換にアジも少しやりつつ…
あっという間に時間が過ぎてしまった。

楽しく練習できて良かったね!

«  | HOME |  »

プロフィール

中野 弥生

Author:中野 弥生
JKC公認訓練教士、JKC公認トリマーC級を持ち日々ドッグトレーニングと“時々”トリマーとして活動しています。

画像のパートナーは我が家の相棒1号〝まだら〟のあだ名を持つオーストラリアンシェパード〝フェイス〟です。
この愛しくも一筋縄ではいかない相棒との悪戦苦闘ぶりと、ドッグトレーナーとして日々思う事などを綴りたいと思います。

メールフォーム

お問い合わせは下記フォームへ入力し [ 確 認 ] ボタンを押してください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。